平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科

患者様の声

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

小児歯科 pedodontics

乳歯こそ虫歯予防が大切です。

子供が虫歯になりやすいのは、子供が歯がまだ上手に磨けないからという理由も多少は関係しますが、それだけでなく、乳歯はまだエナメル質が不完全な状態で、永久歯よりも柔らかく蝕まれやすいためでもあります。

そのため、永久歯においても予防は最重要ですが、乳歯にとっては更に予防が大事であるといえます。乳歯の役割をよく理解し、予防に努めることで将来の口内環境の悪化も防ぐことが出来ます。

乳歯の役割

乳歯は全てに永久歯に生え替わりますが、だからといって虫歯や欠けた歯を放置しておいてもいいわけではありません。乳歯には後に生える永久歯の場所を確保するという役割があるのです。
虫歯がひどくなり抜歯したり、歯が欠けた場合は次の永久歯が生えるまでに幅が狭まってしまうなどし、永久歯の歯並び悪化の原因となります。

乳歯の虫歯予防

虫歯は歯質と細菌、食生活という3つの要素の掛け合わせにより発症します。細菌に対しては歯磨き、食生活に対しては間食を控えることで対策ができます。
しかし、どうしても歯質が柔らかい乳歯は虫歯になりやすいです。そこで、乳歯に行う虫歯予防法があります。

フッ素塗布

普段の食事においても、私たちの口に入る栄養素、フッ素を生えたての乳歯に反復的に塗布することで虫歯予防の効果が得られます。
フッ素は歯磨き粉にもよく含まれていて、抗菌作用があり、再石灰化を促進します。

シーラント

虫歯がよく発生する部位は、歯間、歯と歯ぐきの境目、歯の溝です。奥歯の溝は特に構造が複雑なため、食べかすの磨き残しが虫歯の原因となります。
そこで生えたての奥歯の溝をシーラントというプラスチックの一種で埋めることで、食べ残しが入り込むのを防ぐことが出来ます。

お子様の治療を始めるにあたって

お子様が歯医者さんで治療を受けるのは、自然にできる事ではありません。また、年齢が上がってきたからできるようになるものでもありません。習い事と同じく、経験を積み重ねて少しずつできるようになるものです。

歯医者さんを嫌いになったり苦手になると、治療がスムーズに進まないだけでなく、ゆくゆくは将来の歯の健康にも影響してしまいます。そうならない為にも、お子さんと身近にいる皆さん一緒に、お子様が歯の治療を受けられる環境を整えて行きましょう。

歯医者さんに来る前に注意して頂きたいこと

嘘をついて連れてこないようにしましょう

「○○に行こう」と嘘をついて歯科医院に連れてきては行けません。
「何もしないから」「見てるだけだよ」「痛くしないからね」などは言わないようにしましょう。

怖がらせたり、驚かしたりしないでください

お子様の前で、自分が歯科医院で受けた「痛かった経験」などを話すのは避けましょう。「良い子にしてないと歯を抜かれちゃうよ」や「言う事きかないと注射してもらうよ」など、お子様を脅かすようなことは言わないようにしましょう。

ご来院の際に

  • 予約時間を守ってください
  • 受診前に歯磨きとトイレは済ませておきましょう
  • 汚れてもいい服で来てください
  • 満腹状態での受診は避けましょう

治療を受けるトレーニング

はじめて歯科治療を受けるお子様には、可能な限りステップを踏んで治療を行って行きます。たとえば、お口の中の水を吸ったり、器具をお口に入れるなど治療に必要な事をひとつずつ小さな目標としてクリアしてもらい、トレーニングを重ねながら歯科治療を受ける準備をします。

1〜2回トレーニングして上手になったら母子分離をおすすめします!

ほめてあげてください

治療が終わったり歯磨きが上手にできたときには、お子様をたくさんほめてあげてください。


ムシ歯の治療は最後までしっかりと治療し、治療後は定期検診を受けましょう

page top