平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科

患者様の声

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

予防歯科 prevention

定期検診で問題を未然に防ぎましょう。

予防は事前に病気を防ぐこと、メンテナンスは予後の保全と思われがちですが、どちらも良好な状態を保つという心構えは同じです。
毎日、あるいは月々や3ヶ月に1回などのこまめな努力の積み重ねが、健康を保つには大事です。

予防歯科の役割

予防歯科では、虫歯や歯周病の大敵である歯石の除去やクリーニング(PMTC)を主に行います。
中には、「何も問題がないのに定期的にお金がかかるので、検診の回数を減らしたい」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、問題がないということは逆に言うと、小さな問題の卵は見つかるということです。もし検診の回数を減らしてしまったら、問題が見つかるようになってしまい、それでは予防にはなりません。
小さな問題を定期的に解決して、大きくなるのを防いでいくことが予防歯科の役割なのです。

PMTCでプロのクリーニングを

P.M.T.C.とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「歯科医師、歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング用器具で行う、お口の中の清掃」のことです。専用器具を使って普段、歯磨きでは残してしまうような歯垢を除去します。歯垢を除去することにより、歯石化するのを防ぐことが出来るため、PMTCは定期的に受けることにより、歯周病予防の効果があるという研究データが出ています。

スケーリングでこびりついた歯石を除去

スケーリングとは、歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いた歯石除去のことです。歯垢が石灰化したものである歯石は、歯磨きでは取り除くことができません。歯石はざらざらしていて汚れが付きやすく、更なる歯垢の蓄積の温床となり、歯周病を引き起こすきっかけになります。そのため、定期的なスケーリングは歯周病予防を期待できます。

page top