タップで電話する お問い合わせ

詰め物・被せ物治療 COSMETIC

自然な見た目の詰め物・被せ物 Natural looking prosthesis

虫歯を治療するには、強度の観点から長らく金属が用いられてきましたが、近年ではセラミックやレジンといった歯に近い色の素材の研究が進み、金属と同じように使うことができるようになってきました。これにより自然な見た目、天然歯に近い見た目の修復が可能になり、最近は見た目にこだわった治療を希望される方も増えています。

ただ白いだけでなく、
お顔立ちに合わせた
美しい詰め物・被せ物

自由診療のセラミックなどを用いた治療では、天然歯と同じような見た目を再現することが可能ですが、当院ではそこから一歩踏み込んで、お顔立ちや歯肉とのバランスも考えた治療を行っています。白い詰め物・被せ物が美しいだけでなく、他の歯との色彩や形の調和、笑った時に見える歯肉とのバランスを考えて設計することで、美しく、笑顔が素敵になる歯を入れることができます。
また、歯肉とのバランスが悪い場合は歯肉整形術などで美しく整えることも可能です。

経験豊富な歯科医師が、科学的知識を元に治療を行いますので、ただ白いだけでなく、見た目にこだわった治療を希望される方は、ぜひご相談ください。

美しいだけでなく、機能的な素材

セラミックなど自由診療の素材は保険が適用とならないため高額ですが、非常に優れた性質を持ち、美しいだけでなく機能性も高くなります。れらの素材は汚れが付きにくく衛生的で、保険診療の銀歯よりも精密に作ることができ、さらに劣化しにくいという性質もあるため、二次虫歯になりにくく、歯周病のリスクも軽減することができます。

また、金属は唾液中に溶けだしてしまい金属アレルギーを引き起こす可能性がありますが、セラミックやレジンは金属を含まないため、そのような心配はありません。

今注目されるメタルフリー治療

近年、歯科用金属による金属アレルギーが多数報告されており、問題になっています。金属アレルギーはアレルゲンとなる金属が体内に蓄積し、花粉症のようにある日突然発症してしまうこともあります。また、お口元への美意識の高まりから、金属を倦厭する傾向も強くなっており、さらに以前は割れやすさの代名詞であったセラミックなども技術革新によって強度を確保できるようになったことから、金属を用いないメタルフリー治療を選択される方が増えています。

当院では経験と知識が豊富な歯科医師が、見た目と機能にこだわった治療を行っていますので、お口元の美しさをより引き出したいという方はぜひご相談ください。

治療に使用する素材 MATERIAL

  1. ジルコニア

    人工ダイヤモンドにも使用される素材で、強い強度が特徴です。歯に近い色を表現することができ、自然な見た目と強度を両立できる素材です。

    • メリット MERIT

      • 見た目が歯の色に近く自然な色
      • 汚れにくく衛生的
      • 劣化しにくい
    • デメリット DEMERIT

      • 保険適用外のため高価
      • 金属よりもやや割れやすい
      • セラミックよりも光の透過性が低い
  2. e.max

    陶器などに使われる陶材を歯科専用に開発し直した素材です。透明感があり色彩が豊富で非常に美しい歯を作ることができます。

    • メリット MERIT

      • 見た目が天然歯に近く美しい
      • 汚れにくく衛生的
      • 劣化しにくい
    • デメリット DEMERIT

      • 保険適用外のため高価
      • 金属よりも歯を少しだけ多く削る必要がある
      • 金属よりも割れやすい
  3. ラミネートべニア

    ラミネートべニアはセラミックを用いた歯の表面の治療です。歯の見える部分を少し削り、付け爪のように見た目を整える補綴物を装着することで、歯を大きく削ることなく、美しい見た目を手に入れることができます。

    • メリット MERIT

      • 見た目が美しい
      • 汚れにくく衛生的
      • 劣化しにくい
    • デメリット DEMERIT

      • 保険適用外のため高価
      • 被せ物よりも外れやすい
      • やや割れやすい
  4. ハイブリッドセラミック

    陶器を歯科用に改良したセラミックと歯科専用のプラスチックであるレジンを融合した素材です。セラミックにはない柔軟性と、レジンに足りない強度を併せ持ち、噛み合う歯にも優しいというメリットがあります。

    • メリット MERIT

      • 見た目が美しい
      • セラミックよりやや安価
      • 劣化しにくい
      • 弾性があり噛み合う歯に優しい
    • デメリット DEMERIT

      • 保険適用外のため高価
      • 金属よりも歯を少しだけ多く削る必要がある
      • 金属よりも割れやすい
      • セラミックよりもやや着色しやすい
  5. メタルボンド

    金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。金属の強度とセラミックの美しさを併せ持っています。金属部分は特殊な金属を使用するため、保険の銀歯よりも耐久性が高くなっています。

    • メリット MERIT

      • 見た目が美しい
      • 汚れにくく衛生的
      • 劣化しにくい
    • デメリット DEMERIT

      • 保険適用外のため高価
      • 金属よりも割れやすい
      • 透明感はセラミックよりも低い
  6. 金銀パラジウム

    保険診療で利用される金属です。強度は高いのですが、劣化しやすく、溶けだして歯肉が黒ずんでしまったり、金属アレルギーを発症してしまう可能性があります。保険適用のため安価です。

    • メリット MERIT

      • 保険適用のため安価
      • 強度が高い
    • デメリット DEMERIT

      • 精密に作ることができないため二次虫歯になりやすい
      • 劣化しやすい
      • 金属アレルギーの心配がある

CONTACT お問い合わせ

03-5967-1812 お問い合わせ お問い合わせ アクセス

【午前】10:00~13:30
【午後】15:00~19:00