タップで電話する お問い合わせ

矯正歯科 ORTHODONTICS

見た目を改善するだけ
でない矯正治療
There are various benefits
to orthodontic treatment

矯正治療というと、見た目を改善するためと思われがちですが、治療の効果はそれだけではありません。お口の環境は歯並びや噛み合わせ、お手入れの仕方や治療歴など、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。矯正治療は歯並びや噛み合わせといった大きな要因を変えることができ、お口の環境を大きく改善することができます。
そのため、見た目だけでなく、歯周病や虫歯を予防し、滑舌の改善、食事を楽しむために矯正治療を選択する方が増えています。
当院では、一般的なワイヤー矯正だけでなく、目立ちにくいマウスピース矯正や、小児矯正も取り扱っています。噛み合わせや歯並びにお悩みの方はぜひご相談ください。

  • 矯正治療のメリット MERIT

    • 歯並びが整い見た目が改善される
    • 噛み合わせが改善できる
    • 滑舌が改善できる可能性がある
    • 虫歯や歯周病の予防に効果がある
  • 不正歯列の悪影響 DEMERIT

    • 歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい
    • 見た目に自信が持てず、消極的になりやすい
    • 噛み合わせが悪くなりやすい
    • 滑舌が悪くなりやすい
    • 食事がしにくくなる

一般矯正

治療方法

一般矯正では、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に直接装着し、ワイヤーで繋げて歯並びを整えます。取り外しのできない装置を利用するため、歯磨きがしにくくブラッシングが困難になる、見た目に影響が出るというデメリットはありますが、歯の位置を細かく調整することができ、大きな歯列不正も治すことができます
また、当院では目立ちにくい装置をご利用いただくこともできます。

矯正治療の流れ FLOW

  1. カウンセリング

    歯並びや噛み合わせについてのお悩みや、お口全体の状態に関してお困りのことなどについて伺い、矯正治療の必要性や治療方法についてご説明いたします。

  2. 精密検査

    お口の中の型取りやレントゲン写真の撮影、お口の中の写真撮影などを行い、その資料を元に治療計画を立てます。

  3. 治療計画説明

    治療計画について詳しくご説明します。予想される治療方法や治療中の注意事項、治療期間や費用についてご説明しますので、わからないことがある場合は遠慮なくご質問ください。

  4. 装置の装着

    歯の表面を磨き、ブラケットを付けてワイヤーで繋ぎます。歯磨きがしにくくなるため、歯科衛生士がブラッシング指導を行います。

  5. 調整

    月に1度程度ご来院いただき、ワイヤーの調整や交換を行います。定期的に調整を行うことで、少しずつ歯並びが良くなっていきます。

  6. 保定

    歯並びが整ったらブラケットとワイヤーを外し、保定装置を装着していただきます。矯正治療によって動かした歯は後戻りして元の位置へ戻ろうとするので、歯列が安定するまで保定期間を設けます。

  7. メンテナンス

    保定期間が終了したら、保定装置を外してメンテナンスへ移行します。定期的にメンテナンスを行うことで、より良い状態をキープすることができます。

  • ワイヤー矯正のメリット MERIT

    • どんな歯並びにも適用可能
    • 細かい歯列の調整ができる
    • 見えにくい装置もある
    • 長い歴史があり安心して取り組める
  • ワイヤー矯正のデメリット DEMERIT

    • 固定式の装置を使うため歯磨きがしにくい
    • 金属の装置を使うと目立つ

インビザライン矯正

治療方法

インビザライン矯正は、透明で目立ちにくいマウスピースを用いた矯正治療の方法です。毎日決まった時間装置を装着していただくことで歯を少しずつ動かし、歯並びを整えます。取り外しができる装置のため、歯磨きや食事に支障がなく、見た目もほとんど気にならないのが特徴です。

  • インビザライン矯正のメリット MERIT

    • 装置が目立ちにくい
    • 取り外しができて衛生的
    • 痛みが少ない
  • インビザライン矯正のデメリット DEMERIT

    • 長時間マウスピースを着ける必要がある
    • 決まった時間装着しないと後戻りしやすい
    • 適用とならない歯並びもある

他の矯正治療との違い

インビザラインの最も大きな特徴は装置の取り外しができるという点です。従来の矯正治療では歯に持続的に力をかけるために固定式の装置が用いられてきました。しかし、固定式の装置をお口の中に装着すると、歯磨きがしにくくなったり、食事に支障が出るなどのデメリットが発生していましたが、マウスピース矯正ではそのようなことはなく、快適に歯並びを整えることができます

小児矯正

小児期から矯正治療を行うメリット

小児矯正はまだ乳歯が残っているお子様に対して行う矯正治療です。小児期から取り組むことで、顎の骨の成長を促すことができ、歯を抜かずに矯正できる可能性が高まり、お顔立ちにも良い影響があると言われています。

小児矯正のデメリット

小児期の矯正治療はお子様だけでなく保護者の方の協力が不可欠です。お子様だけでは治療器具や装着時間の管理ができないため、保護者の方にある程度監督していただく必要があります。歯科医院と保護者の方、そしてお子様の相互協力があってはじめて効果が発揮されるため、一緒にがんばりましょう。

CONTACT お問い合わせ

03-5967-1812 お問い合わせ お問い合わせ アクセス

【午前】10:00~13:30
【午後】15:00~18:30