平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

スタッフブログ blog

臨時休診中にご予約をされている患者様へ

2020年4月7日

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、

4月14日(火)~4月30日(火)を臨時休診させていただきます。

(当院での新型コロナウィルス感染発生はございません)

 

今後の感染拡大状況により、休診期間の変更をする場合がございます。

変更等につきましては、当院ホームページにてご案内いたします。

 

現段階では、ゴールデンウェーク明けの5月7日(木)から徐々に治療の再開を考えております。

5月7日(木)以降にご連絡ください。

尚、お痛みがある場合や、急を要する場合のみ、5月1日(金)、5月2日(土)に当院に

ご連絡いただき、対応を検討いたします。

現在ご予約をいただいている患者様には、当院スタッフより順番にご連絡をさせていただいております。

 

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

患者さんの皆様と、従業員の安全確保の為、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

臨時休診のお知らせ

2020年4月7日

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、

4月14日(火)~4月30日(火)の期間、臨時休診させていただきます。

(当院での新型コロナウィルス感染発生はございません)

 

今後の感染拡大状況により、休診期間の変更をする場合がございます。

変更等につきましては、当院ホームページにてご案内いたします。

 

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

患者さんの皆様と、従業員の安全確保の為、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

う蝕について

2020年3月23日

こんにちは!

今回はう蝕のリスクに関してお話させていただきたいと思います。

 

まず、う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことをう歯といいます。(一般的には虫歯)

 

う蝕のリスクは人によって異なります。低リスクの方、高リスクの方人それぞれです。

その方のリスクに沿った治療、予防をしていきましょう!

 

当院では、リスク検査を行っております。

口腔内写真、レントゲン写真、唾液採取、食生活アンケートを行っていただき、う蝕リスク+歯周病リスクを出すことができます。詳しくはスタッフへご質問ください。

別の機会にブログでもお話しさせていただきます!

 

ソース画像を表示

 

 

まずう蝕の簡単な仕組みをお話しします。

 

歯の表面についた歯垢はプラークといい、おびただしい数の細菌が集まってできたものです。

むし歯菌は常在菌といって誰のお口の中にも存在しています。

ただ、虫歯菌が入ればすぐにむし歯になるというわけではありません。

むし歯菌のえさとなる砂糖や炭水化物があって、時間が経過することで初めてむし歯ができます。

 

ソース画像を表示

 

食事とフッ化物

むし歯のえさとなる砂糖などを減らすには、摂取量を減らすことも大事ですが、飲食回数や、お口の中に残りにくい物を選ぶなどの配慮も必要です。

スポーツドリンクや缶コーヒー、果物などに含まれる糖分も注意が必要です!

むし歯予防にはポイントがあります!!

①    砂糖の量

②    飲食回数

③    時間

④    何を食べるか

 

まずは間食回数を減らしましょう。回数を減らせば自然と量も減ってきます。

どうしても回数が減らせないときは、キシリトールなどの代用糖を使ったノンシュガーのお菓子にしましょう!

 

キシリトール ガム

キシリトールとは、白樺や樫の木などの原材料から作られた天然素材の甘味料です。

100%キシリトール配合で歯科医院でしか購入できない商品です!

当院にもお取り扱いがございます!ご興味のある方はスタッフまでお声掛けください。

クリアミント味、マスカット味、オレンジ味、アップルミント味

お味も4種類に増えております。

 

ソース画像を表示

 

キシリトール タブレット

効果はキシリトールガムと同じです。

お味は、クリアミント、オレンジ、しまじろう(グレープ/イチゴ)の3種類ご用意しております。

ソース画像を表示  ソース画像を表示

 

現在3月~5月までキャンペーンを行っております!!

是非この機会をお見逃しなく!!

どのお味がお気に入りだったかスタッフへ教えてくださいね♪

 

 

ソース画像を表示

 

そしてダラダラ食いは避け食べる/食べないON/OFFの切り替えをしましょう!!

おやつは、キャラメルよりはおせんべいを選ぶなどお口の中から早くなくなる物を選びます。あめ、キャラメルのような、お口の中に残りやすいものは要注意!

 

ソース画像を表示

 

次回は、キシリトールについて詳しくお話しできればと思っています!

お読みいただき、ありがとうございました!

ソース画像を表示

 

新型コロナウィルス対策について

2020年3月10日

新型コロナウィルス対策について

 

当院では、新型コロナウィルス対策として以下の事に取り組んでおります。

 

院内感染予防として、普段から行っている取り組み

①マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用

②グローブの患者様ごとの交換

③患者様用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者様ごとに破棄。

④治療器具はドリル等のハンドピースを含め患者様ごとに交換し、消毒滅菌。

⑤診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。

⑥スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。

⑦診療室内での医療用空気清浄機の稼動。

 

新型コロナウィルス対策として追加で行っている取り組み

①玄関、待合室への消毒液の設置

②ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭

③待合室ソファの消毒液による清拭

④待合室への空気清浄機の設置

⑤定期的な換気

 

咳のひどい方や37.5℃以上の熱のある方は診療をご遠慮いただく場合がございます。

また、受付にて患者様の体温を計測させていただく場合がございます。

予めご了承ください。

 

プラーク②

2020年2月17日

こんにちは!

前回に引き続き、プラークについてお話させていただきたいと思います。

 

プラークを放っておくとどうなるのか…。

 

歯と接している部分の歯ぐきの細胞がプラークの毒素によって破壊されると、歯と歯の間にすき間ができます。

これがいわゆる歯周ポケットです。

歯周ポケットですが、歯からペロンっと剥がれてきたわけではなく、歯茎の細胞どうしが離れてできる亀裂なのです。亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように、歯茎の細胞がどんどん歯の根元へと下がっていきます。プラークを放っておくと歯周ポケットが深くなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラークには、歯ぐきより上の歯の部分(歯冠側)につく歯肉縁上プラークと、

歯周ポケットの奥深くにある歯の根っこ(歯根側)につく歯肉縁下プラークがあります。

 

歯肉縁上プラーク→歯肉炎の原因

歯肉縁下プラーク→歯周炎の原因

 

歯肉の腫れを抑えるにはブラッシングが効果的!!

ブラッシングにより細菌の塊であるプラークの付着を防ぐことができます。

プラークの毒素は歯ぐきの腫れの原因となりますので、プラーク量を減らせば腫れもおさまるのです。

歯肉縁上プラークの抑制には、ブラッシングが有効です。歯の根元の歯周ポケット内に存在する歯肉縁下プラークには歯ブラシの毛先は届きません。しかし、歯肉縁上プラークをしっかりコントロールすれば、歯肉縁下プラークの増殖も抑えられるのです!

 

正しい歯の磨き方

 

むし歯を防ぐには、歯磨きで歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが大切です。

 

歯磨きの基本

1か所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きしましょう。次の3つのポイントに注意することが大切です。

 

毛先を歯の面にあてるハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる

 

軽い力で動かすハブラシの毛先が広がらない程度です。

 

小刻みに動かす5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く

 

でこぼこ歯並び

前歯のでこぼこしている歯は1本1本にハブラシを縦にあてて毛先を上下に細かく動かしましょう。

背の低い歯

奥歯の背の低い歯に対しては、ハブラシを斜め横から入れて、細かく動かしましょう。

 

歯と歯ぐき(歯肉)の境目

歯ぐき(歯肉)に対しては45度の角度に毛先をあててハブラシを5mm幅程度で動かしましょう。

 

 

歯垢(プラーク)の残りやすいところ

奥歯や、歯の間、歯ぐき(歯肉)との境目などは、特に付着しやすいため、しっかりと歯磨きして除去しましょう。

 

毎日のブラッシングでプラーク予防を一緒に頑張りましょう!!

 

page top