平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

スタッフブログ blog

プラーク②

2020年2月17日

こんにちは!

前回に引き続き、プラークについてお話させていただきたいと思います。

 

プラークを放っておくとどうなるのか…。

 

歯と接している部分の歯ぐきの細胞がプラークの毒素によって破壊されると、歯と歯の間にすき間ができます。

これがいわゆる歯周ポケットです。

歯周ポケットですが、歯からペロンっと剥がれてきたわけではなく、歯茎の細胞どうしが離れてできる亀裂なのです。亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように、歯茎の細胞がどんどん歯の根元へと下がっていきます。プラークを放っておくと歯周ポケットが深くなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラークには、歯ぐきより上の歯の部分(歯冠側)につく歯肉縁上プラークと、

歯周ポケットの奥深くにある歯の根っこ(歯根側)につく歯肉縁下プラークがあります。

 

歯肉縁上プラーク→歯肉炎の原因

歯肉縁下プラーク→歯周炎の原因

 

歯肉の腫れを抑えるにはブラッシングが効果的!!

ブラッシングにより細菌の塊であるプラークの付着を防ぐことができます。

プラークの毒素は歯ぐきの腫れの原因となりますので、プラーク量を減らせば腫れもおさまるのです。

歯肉縁上プラークの抑制には、ブラッシングが有効です。歯の根元の歯周ポケット内に存在する歯肉縁下プラークには歯ブラシの毛先は届きません。しかし、歯肉縁上プラークをしっかりコントロールすれば、歯肉縁下プラークの増殖も抑えられるのです!

 

正しい歯の磨き方

 

むし歯を防ぐには、歯磨きで歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが大切です。

 

歯磨きの基本

1か所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きしましょう。次の3つのポイントに注意することが大切です。

 

毛先を歯の面にあてるハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる

 

軽い力で動かすハブラシの毛先が広がらない程度です。

 

小刻みに動かす5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く

 

でこぼこ歯並び

前歯のでこぼこしている歯は1本1本にハブラシを縦にあてて毛先を上下に細かく動かしましょう。

背の低い歯

奥歯の背の低い歯に対しては、ハブラシを斜め横から入れて、細かく動かしましょう。

 

歯と歯ぐき(歯肉)の境目

歯ぐき(歯肉)に対しては45度の角度に毛先をあててハブラシを5mm幅程度で動かしましょう。

 

 

歯垢(プラーク)の残りやすいところ

奥歯や、歯の間、歯ぐき(歯肉)との境目などは、特に付着しやすいため、しっかりと歯磨きして除去しましょう。

 

毎日のブラッシングでプラーク予防を一緒に頑張りましょう!!

 

プラークについて

2020年2月13日

こんにちは。

歯科についてより知っていただけたらと思い「歯科の豆知識」を復活します!!

一緒に学んでいただければと思います。

 

今回はプラークについてお話させていただきます。

 

プラークとは?

 

プラーク(Plaque)とは、細菌の塊です。

プラーク1mgあたりにはなんと…10億個もの菌が存在するといわれています。

プラークが増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病、におい(口臭)などを招くことが分かっています。食べカスを残さないことは、細菌を抑えるうえでとても重要です。

ちなみに、ネバネバしているプラークは水や洗口剤でうがいをしたくらいでは落とせませんが、歯磨きなどで落とすことができます!

 

 

 

バイオフィルムはプラークと同じもの?

 

バイオフィルム(Biofilm)も、歯周病菌などの微生物などの集合体です。

「プラークとは何が違うの?」という話になりますが、結論から言うとバイオフィルムとプラークは同じものです。

プラークの構造がお風呂の排水溝やシンクの三角コーナーなどで見られるヌルヌルと同じ構造であることが分かってきました。このヌルヌルを指す言葉として登場してきたのが「バイオフィルム」です。

歯石(tartar)は、歯に付着したプラークが唾液に含まれるカルシウムやリン酸などと反応して石灰化し、石のように硬くなって歯の表面にくっついたものです。

 

歯石は「死んだ細菌の固まり」であり、プラーク(バイオフィルム)のようにそのものが歯周病を引き起こす原因にはなりませんが、歯石の表面はデコボコしているのでプラークが付着しやすい状態です。そのため、歯石の上にプラークが付着して石灰化するとさらに大きな歯石となり、歯茎の炎症をさらに招く結果となってしまいます。プラークが歯石になってしまうと歯磨きで取り除くのは不可能です。

 

歯科医院でプロに適切に除去してもらうことをおすすめします!!

 

次回は、プラークを放っておくとどうなるのか…をお話しします!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

歯の豆知識 開始!

2018年4月20日

この度、歯周病豆知識を開始いたしました。

これから皆様の歯の健康に役立つ豆知識を更新していきますので、ご期待くださいませ!

ビヨンドホワイトニング体験しました☆

2018年1月24日

 

 

こんにちは、今回は衛生士より書かせていただきます。

先月、当院で扱っているホワイトニング

について書きましたが、今回はスタッフがビヨンドホワイトニングの体験をしましたので、変化を見ていただけたらと思います。

 

 

 

内容としては、ビヨンドホワイトニングを2回行いました。

 

ホワイトニングを 行う前の写真です。

前歯に関しては治療中で仮歯のため変化はありません。(画像1枚目の紫で囲っている歯です。)

無題

 

 

1回目終了後の写真です。

比べると白くなっているのがわかります。

DSC_0013

 

 

2回目終了後の写真です。

さらに白くなりました。

DSC_0022

 

 

 

ホワイトニングは治療を行ったところの色が変化しないのでご了承ください。

スタッフがホワイトニングを行ったときは痛みやしみはでませんでした。

ただし症状には個人差があります。行っている途中でも痛みやしみがでるかたや全くでないかたもいます。

 

 

どうでしたか?

写真でみると変化がわかりやすいかと思います。

もし気になることがありましたらぜひスタッフまでお声がけください。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

金属アレルギーに関して

2017年12月31日

こんばんは。

 

Dr.の三浦です。

 

本日のお話は『金属アレルギー』です。

 

 

 

まず、質問をさせていただきますが、

 

『あなたは金属でかぶれたことはありますか?』

 

 

この質問に『はい。』と答えた方は、金属アレルギーのリスクが高いかもしれません。

 

 

それを支持する『アトピー性皮膚炎の方は3-10倍アレルゲンに対して過敏である。』という報告もあります。(アレルゲン…アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)

 

 

金属アレルギーのメカニズムは不明とされていますが、その病態はIV型(遅延型の)アレルギーと言われています。

IV型のアレルギーは先ほどのアレルゲンと種々の細胞による反応で生じ、24-48時間後に起こるアレルギーとなります。

 

症状としては、痒みを伴う発赤、腫脹、水疱形成(※)などがあります。

スクリーンショット 2018-01-01 1.49.05

 

注意していただきたいのですが、

『口腔内に金属があることと、上記症状がある』とで『金属アレルギーがでる』というわけではありません。

原因としてはアクセサリー、化粧品や食品など、普段の日常生活で金属と接触している可能性もあります。

 

 

例えば、高カカオのチョコレートにはニッケル(原子番号28番の金属原子)の含まれており、その量が通常の1.9-3.8倍で、そのような食品の過剰摂取によってもアレルギーが生じる恐れがあります。

 

 

 

もし、口腔内に金属を入れた時期と皮膚の症状 (※)が重なり、なおかつ長期間皮膚症状が改善しない場合には金属アレルギーを疑っても良いかもしれません。

 

 

その際には、その原因がどの種類の金属にあるか確認するパッチテストなどを行う必要があります。(パッチテストに関しては当院ではおこなっておらず、専門の医療機関に紹介させていただきます。)

スクリーンショット 2018-01-01 1.49.26

 

 

ちなみに金属アレルギーというのは金属がイオン化して初めてアレルギーを起こします。

 

金もイオン化はしづらいとは言われていますが、イオン化した後のアレルギー反応しやすさは弱いわけではないです。

 

最も、口腔内というのは特殊な環境であり、37℃の唾液中、菌などの酸を産生する環境など、金属がイオン化しやすく、とても過酷な環境でもあります。

 

スクリーンショット 2018-01-01 1.49.16

そのような点を考慮しても、金属以外のセラミックスの治療、いわゆるメタルフリーの治療を選ばれるのは妥当であると思われます。

 

 

再度喚起になりますが、現在お口の中にある金属が、金属アレルギーを起こしているかどうかは検査をしてみないとわからなく、必ずしも積極的に除去する必要は無いということです。

 

除去する際には、その除去することによって生じる歯を削るリスクなどを考慮すべきでしょう。

 

 

もし気になったとことがありましたら、ぜひ担当のドクターとご相談ください。

 

 

昨年も大変お世話になりました

本年度もよろしくお願いいたします

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

三浦

 

参考文献

井上昌幸, GPのための金属アレルギー臨床,株式会社デンタルダイヤモンド社,2007

 

 

 

 

 

page top